お金を借りる方法について

いざという時のためにお金を借りる方法を何かお持ちですか?お金が足りなくなったり、急に必要になることってありますよね。そんな時に限って、手元にも銀行口座にも余裕がないものです。
であれば、借りるしかありませんね。
では、誰から借りましょう?まず頭に浮かぶのは家族や友人。でもこういったつきあいの長い人たちにお金の相談はできればしたくないものです。
それでは、どこから?こんな時に活躍するのが消費者金融のキャッシングサービスです。消費者金融のキャッシングカードがあれば、突然の出費にも対応ができます。
しかし、消費者金融では、ちょっと利子が高いし、やっぱり消費者金融を利用するのはちょっと嫌だと思っている方も少なくないでしょう。
ならば、オリックス銀行などの銀行のカードローンはいかがでしょう?これはその名の通り、銀行直接経営のローンシステムです。しかも使用用途は限定されないので、使い方も自由。総量規制は対象外で融資限度額も高額なものもあります。しかも、消費者金融より金利が安価であるとなれば、これを利用しない手はないでしょう。

 

しかしこの、一見好条件な銀行のカードローンにもデメリットはあります。それは、申し込みや審査の条件が厳しいことです。銀行によっては、申し込みの段階で、「前年度の年収が200万円以下の方は申し込み不可」のような条件を掛けたりするところもあります。また、審査にも時間が掛かります。消費者金融では最短30分で終わるとされているものが、こちらでは2日程かかるようです。

 

 

お金を借りる所といえば?

お金を借りる所といえば、どんなところを思い浮かべますか?

 

まずは、銀行。銀行は本来お金を預けるというイメージがありますが、お金を借りることもできますよね。教育ローンや住宅ローンなどの大型のローンから、手軽に利用できるカードローンまで、様々なローンがあります。またお金借りるためには担保が必要なこともありますが、無担保型のローンもあり、カードローンには無担保型のものが多いようです。

 

それから、消費者金融もお金を借りる所です。こちらは銀行とは違い、お金を貸す専門の業者です。昨今の消費者金融のサービスは、キャッシングが主流になっています。このサービスを利用すると、最寄りのATMか好きな時にお金を引き出すことができるので、急にお金が必要な時には重宝します。

 

そして、クレジットカードを通してもお金借りることができるのは、ご存知ですか?クレジットカードは本来はショッピングをする際の、支払いの一時的な肩代わりをしてくれる、ショッピングローン機能に利用されます。しかし、クレジットカードにはもう1つ、機能が付いています。(カードのシステムによってはない場合もあります)それが、キャッシングローン機能です。この機能を利用する際にはカードと暗証番号(ショッピングローンを利用する際に時々聞かれる暗証番号)が必要になります。最寄りのATMからカードと暗証番号を使ってお金を引き出すと、クレジットカードの信販会社からお金を借りることができるのです。通常、この機能では、それほど多額の金額は借りることはできません。